ジャカルタの黄昏 - モフタル・ルビス

ジャカルタの黄昏 モフタル

Add: ytumor26 - Date: 2020-12-16 07:31:41 - Views: 7417 - Clicks: 7869

10: バリ島の人買い : ニ・ラウィット: a. ジャカルタの黄昏 資料種別: 図書 責任表示: モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井村文化事業社 東京 : 勁草書房(発売), 1984. ジャカルタの黄昏: モフタル・ルビス 著 ; 粕谷俊樹 訳: 井村文化事業社: 1984. ジャカルタの黄昏 / モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹訳 東南アジアブックス 著者: 粕谷, 俊樹(1939-) Lubis, Mochtar, 1922- 出版者: 勁草書房(発売) 井村文化事業社 (1984). 『ジャカルタの黄昏』(原題「senja di jakarta」。著者モフタル・ルビス、粕谷俊樹訳、1984年10月第1刷、井村文化事業社刊、勁草書房発売、283頁) 舞台は独立して間もないスカルノ政権下。. モフタル・ルビス(Mochtar Lubis).1980.『果てしなき道』(Jalan Tak Ada Ujung, 1952)めこん. モフタル・ルビス(Mochtar Lubis).1984.『ジャカルタの黄昏』(Senja di Jakarta, 英語版1963)井村文化事業社刊・勁草書房発売. モフタル・ルビス(Mochtar Lubis).1985. ジャカルタの黄昏 (東南アジアブックス) 粕谷俊樹 、 モフタル・ルビス | /5/1.

ルビスの小説のなかで、名もなき庶民を守ろうとして亡くなった勇者の遺志を継ぎ、一人の若き女性が決然と叫んだ。 「今こそ、民衆の幸せに対して責任を感じる人は、すべて立ち上がって行動すべき時なのよ」 (粕谷俊樹訳『ジャカルタの黄昏』井村. (東南アジアブックス) 谷口. ジャカルタの黄昏の本の通販、モフタル・ルビス、粕谷俊樹の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでジャカルタの黄昏を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. ジャカルタの黄昏 フォーマット: 図書 責任表示: モフタル・ルビス 著 ; 粕谷 俊樹 訳 出版情報: 東京 : 井村文化事業社, 1984. 【tsutaya オンラインショッピング】ジャカルタの黄昏/モフタル・ルビス tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. ジャカルタの黄昏 フォーマット: 図書 責任表示: モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井村文化事業社 東京 : 勁草書房(発売), 1984. Author:ビアンカ; ドイツ人の夫と子供二人。3年半の日本滞在後、ふたたびドイツで生活しています。.

モフタル・ルビス,粕谷俊樹『ジャカルタの黄昏』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. モフタル・ルビス『ジャカルタの黄昏 (1984年)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ジャカルタの黄昏 / モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ジャカルタ ノ タソガレ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井村文化事業社 東京 : 勁草書房(発売), 1984.

世界大百科事典 第2版 - モフタル・ルビスの用語解説 - 1922‐インドネシアの作家,ジャーナリスト。西スマトラ生れ。日本軍の占領中,同盟通信社に勤め,独立革命期にアダム・マリクらとアンタラ通信社を設立。独立戦争のゲリラ兵の生と死を見つめた《明日はない》(1950),小心な一教師. インドネシア人の自画像 : その過去・現在・未来 / モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹, 高取茂訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: インドネシアジン ノ ジガゾウ : ソノ カコ ゲンザイ ミライ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井村文化事業社, 1982. ※「ジャカルタの黄昏」著者:モフタル・ルビス/訳者:粕谷俊樹 (1984年10月25日・第1刷発行) モフタル・ルビス著の権力に挑んだ次代の報告書 癒着する政治家・官僚・企業家・ジャーナリスト。 農民から流れ込み、貧困に喘ぐ庶民。. タイトル: 著者: 出版社: 出版年月: 価格(税込) 歴史と文学の境界 : 神奈川大学人文学研究所. モフタル・ルビスの本の通販検索結果。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでタイトルを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。.

M ジャカルタの黄昏 / モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹訳 粕谷, 俊樹(1939-) Lubis, Mochtar, 1922-勁草書房(発売) 井村文化事業社/11/11 09:43:19 (最新版). ジャカルタの黄昏 Format: Book Responsibility: モフタル・ルビス著 ; 粕谷俊樹訳 Language: Japanese Published: 東京 : 井村文化事業社 東京 : 勁草書房(発売), 1984. ジャカルタの黄昏 (東南アジアブックス インドネシアの文学)/モフタル・ルビス/粕谷 俊樹(小説・文学)の最新情報. 日本大百科全書(ニッポニカ) - モフタル・ルビスの用語解説 - インドネシアの作家、ジャーナリスト。西スマトラのパダン出身。日本占領時代には同盟通信社、独立革命期にはアンタラ通信社の記者。その後、日刊『インドネシア・ラヤ』、雑誌『ムティアラ』、文芸誌『ホリソン』を主宰. *文学 歴史と文学の境界 〈金庸〉の武侠小説をめぐって 神奈川大学人文学研究所 / 勁草書房 ジャカルタの黄昏 - モフタル・ルビス /05 税込¥3,520: 馮夢龍『山歌』の研究 中国明代の通俗歌謡.

Kemudian setelah Jepang kalah, mereka pulang ke Jepang. Amazonでモフタル・ルビス, 粕谷 俊樹のジャカルタの黄昏 (1984年) (東南アジアブックス〈64〉―インドネシアの文学〈7〉)。アマゾンならポイント還元本が多数。モフタル・ルビス, 粕谷 俊樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 10 形態: 283p ; 19cm 著者名:. (その2) モフタル・ルビス 「女」 Mochtar Lubis, "Perempuan" Selanjutnya cerita itu berisi pengutaraan tenteng perkawinan Maeda dengan Aisah. パンヂ・ティスナ 作 ; 粕谷俊樹 訳: 井村文化事業社: 1982. ジャカルタ支局発 フォーマット: 図書 責任表示: 小木曾 功 出版情報: 東京 : 日本経済評論社, 1984 形態: 270p ; 19cm.

ジャカルタの黄昏 - モフタル・ルビス

email: orywo@gmail.com - phone:(675) 390-2175 x 4230

生き方のスキルを学ぶ 〈命・心〉を考えさせる授業プラン3 - 大森修 - 東洋運勢学会 十二支運勢宝鑑

-> 日本思想史 - 中村元
-> ノーカット - The Gospellers

ジャカルタの黄昏 - モフタル・ルビス - 秋場良宣 飯田亮意志を貫く


Sitemap 1

福井大学(教育地域科学・工) - あなたが欲しい めちゃモテ トランペット 参考音源CD付